ロゴの色使い

偶にですが「りんごくらぶ」のロゴの色使いに対して質問を受けます。

何故青とピンクなのだ…と。

 

 

 

 

ネット集客の第一人者平賀正彦さんの会に入会した際、サイト作を作る時、これは読んでおいた方が良いと勧められた本の中に高坂美紀著「売れる色の法則」というのがありました。

その本の中に「青にピンクを合わせると男女両方に行け入れられる」とあり、例としてボシュロムのコンタクトレンズ用洗浄液のパッケージが載っていました。それでデザイナーさんには青にピンクの色を合わせたロゴのデザインをお願いしました。

最終的にロゴが読みやすいように私が色の割合を変更してしまったので、ピンクの割合が増え、どちらかというと女性好み寄りのデザインになったようで女性からは「カワイイ」と好評です。

ですからイラストのおじさんもブルーのオーバーオールにピンクのシャツです。この位の割合だとピンクが目立ちすぎないですよね。

サイトのデザインはウェブデザイナーさんにお任せしたのですが、各ページ共ブルーを基調にした写真の上にグリーンの帯で、偶然にも「写真好きは青と緑をセットで見せられると弱い」と書いてあった通りになり大変気に入ってしましました。

「色のメッセージは脳の中で優先的に処理される」重要な要素だと言う事で、ボタン等を含め色使いには気を遣ったつもりですが…どうでしょうか?

ロゴの色使い” への2件のコメント

コメントを残す