ジャケット買い

右の写真はレコードジャケットです。
ジャケット写真

アーティストはお馴染み「ブルース・スプリングスティーン」です。

買った当時は全く知らないアーティストでした。
たまたま手にしたレコードジャケットだったのです。
ハイコントラストなモノクロ写真を斬新な構図で配置してあり、思わず「カッコイイ」と思って買ってしまった、所謂「ジャケット買い」の一品です。

当時は結構そう言う事って多かった気がします。

今はCDや音楽配信なのでジャケットを楽しむという事が無くなって可哀想だとも思います。
CDには多少そのような楽しみ方も残っていますが、売り上げは年々減少しています。

当時音楽をコレクションするってジャケットをコレクションする事でした。
今は単なるデータですものね。沢山コレクションしても場所を取る訳でもなく小さな携帯プレーヤーで持ち運べる便利さは確かにありますね。

「音楽にジャケットなんか不要だよ」そう言う声が聞こえてきそうです。

便利さと引き替えに失った物は本当に不要な物だったのでしょうか?

コメントを残す